2019年10月14日

持続可能で美味しく楽しい鹿沼のチョコ屋でありたい。

20191014_163535.png20191014_163541.png20191014_163528.png20190702_153434.png20190913_190508.png
 
2008年、アカリチョコレート開店からの看板商品「大谷の石畳」(おおやのいしだたみ)の製造法を編み出すまで約5年の歳月がかかりました。
開発者がそこに至るまでのプロセスには数字で表せない程の価値があります(商標登録など)

同じ製造法を用いて、鹿沼のご当地チョコ「深岩石のクリスピーショコラ」や山形遠征用「庄内大麦のクリスピーショコラ」など、次々ご当地チョコを商品化しております。

ちなみに、ご当地チョコと申しておりますが、6次産業化とは関わらず、11年ひたすら自力を信じて誠実なものづくりをしております。

良質な原材料を使い、美味しく楽しいと喜びを感じていただけるように、持続可能なチョコづくりをします。

OEMや共同開発の問い合わせが増えておりますが、基本的に行っておりません。
製造方法指等の相談は個別に承ります。
必ずメールでお願いします。

オーナーショコラティエ上原すすむ

#がんばろう大谷
#ご当地チョコ
#大谷の石畳
#深岩石のクリスピーショコラ
#庄内大麦のクリスピーショコラ
#ご当地チョコ指導

posted by オーナーショコラティエ上原 at 17:26| chocolat

手づくりショコラ工房アカリチョコレート公式ブログ

プロフィール
名前:susumu uehara
職業:オーナーショコラティエ